小説と、人生の遊び方。 川崎・J・悠太 (旧登録名: 川崎・G・悠太)

問い合わせ先 painlessmental@gmail.com twitter https://twitter.com/meditationartYK 料金等の振込先口座(記事等が気に入ったからという理由での寄付も、ありがたいです) 三菱東京UFJ銀行 府中支店 普通 0251593     カワサキ ユウタ 銀行振込の振込明細書を領収書としてご利用ください。

コーチング無料講座

苫米地式認定コーチ(マスター、グランドマスター含む)のコーチングを受けて、何一つ良い方向に行かなかった人のためのワーク

「◯◯を選んで金を払ってしまった私が悪い!次は最高のコーチを選ぶぞ!」
◯◯に、金を払っちゃって気に食わないコーチの名前を入れよう!あと、「私」より「俺」の方が良いかも。あと、「俺が俺の一番のコーチだ!」でも構わない。ってか、なんでもいい(どうなっても責任は取らんし)

「苫米地英人(の弟子の◯◯)に騙されたおかげで、私の人生最高!」

「えっとー、俺ね、苫米地英人よりもすげーコーチングできるのよ。わかる?というかね、俺がこの宇宙のナンバーワンコーチってところ?別の宇宙のことは知らんけどさ、この宇宙では一番なのね。わかる?」 できるだけ、苫米地の真似をしよう!

この辺を唱えてみるといい。


ちょっと解説。

被害妄想癖のある人は、「◯◯コーチのコーチングを受けたけど変われなかったダメな自分」みたいな思考が始まりやすい。苫米地式認定コーチというのはまあ、マスターやグランドマスター(苫米地英人も一応入れておく)を含めてほぼ99%がカスなので、クライアントが不満を持ったり、上手く行かなかったり、悪化したり、クライアントの部下に自殺者が出たりしてもクライアントのせいにする。そうして、クライアントのエフィカシーが下がる。実際には、苫米地式認定コーチの技術不足や丁寧さ不足が原因であるにも関わらず。

なぜ、良いコーチが育たないか。苫米地が教えるの下手だからだ……。日本語が下手なのが大きく影響しているだろう(もしかしたら、英語も下手かもしれない。非言語非言語うるさいのは、言語が下手だからだろう。非言語が上手いかどうかについてはノーコメント)。見りゃわかるだろうけどさ。

まあ、そんなわけで、責めるならば、そのコーチか、「そのコーチを選んでしまった過去の自分(今の自分とは別人)」を責めるべきなのだ。「罪を憎んで人を憎まず」なら、そのコーチのコーチングを責めればいい。それか、そのコーチのコーチのコーチングを。


ややこしくなった。とりあえず言えることは、「金払った以上はあなたのせいではない」ということ。金貰っといて十分な仕事をしねーのは詐欺だ。ま、契約書通りには動いてるんだろうけど。ただまあ、「マーケティングででかいこと言った割には詐欺だよね」というのもありつつ。


ただまあ、苫米地さんサイドの言い分もわかる。「コーチングの対価はコーチの生命時間の対価」なのだ。提供する価値の対価ではない。そりゃまあ、結果がどうあれどうでもいいと思うだろう。
裏側を読めないと、こういうのに騙されるのだ。覚えておくように。


ちなみに、わたくし川崎・G・悠太が提供する新約苫米地式コーチングについては、料金はほぼ丁寧料である(結果に不満があるとすれば、丁寧さが足りなかったということで、もう一度やる)。ぶっちゃけ、府中・武蔵小金井・国分寺・北府中の4駅から徒歩30分らへんにあるところに来ていただいた上でデザートと酒、そしてコーヒーを奢ってくれるなら、無料でやっちゃっても構わなかったりする。ただ、無料の場合、話が通じてようが通じてまいが気にしないし(そらそうよ、そらもうアレよ、ちゃうやろ、しか言わなくなる可能性もある)、いきなり帰る可能性もあるし、平気で5時間遅刻する可能性もある。だからまあ、よほどの人でない限り、金は払った方が良い。


ちなみに、遠隔気功については、実は無料でやっている(2018年12月26日時点で)。「なんとなくこういう感じでよろしく」等をメールで送っていただければ、やる。ただ、何があっても責任を取らない。丁寧料さえ払ってくれるなら、丁寧にやる。


まあ、そういうことで、色々とよろしく。

メール painlessmental@gmail.com

【新約苫米地式コーチング】ハイパーラポールの向き、逆だろ

「コーチは良い人で、コーチングは100%クライアントの利益のために行う」のであれば、クライアントが支配者側をやるべきだ。無論、横並びのラポールで行うのがベストだが、わざわざ何百万も払って資格取ってコーチとかいうのになるようなコミュ障に横並びのラポールをつくれるわけがないので、この記事を書くことにした。横並びのラポールが作れるコーチなら、この記事はもう読む必要が無い。「横並びのラポールでコーチングをやればいい」だけだ。


クライアントが支配者側に回るとすれば、コーチが持っている技術を「奪う」ことができるようになる。強奪するのは可哀想だと思うなら、コピーした上で原本を返すとかでといいだろう。「クライアントの利益が100%」が嘘でないなら、全部強奪してしまっても何ら問題無いだろう(クライアントは別に、他のクライアントの都合を考える必要は無いのだから......。)

意外と短く仕上がった。ひとまず、コミュ障なのであれば、「クライアントの利益が100%」などという大嘘をつくのはもう辞めた方が良いだろう。私みたいな奴に全てを奪われ、壊されたくないのであれば。全てを奪われ、壊される覚悟があるなら、「クライアントの利益が100%」は本当の言葉となる。


ちなみに、「そう言うお前はどうなんだ」と言われたら、「コーチングにラポールなんて要らねえよ。ハイパーラポールはもっと要らない。そして、クライアントもコーチも、そのコーチングセッションから100%利益を得ないとおかしい。気は循環しているのだから」と答える。詳しいことを聞きたい人は、私に10万円振り込んだ上でメールするように(書くのダルいから対面か通話で教える。奪っていただいた方が、私としてはラクである)。TwitterやFacebookの方に連絡していただいた方が良いかもしれない。


painlessmental@gmail.com

過去を「手放す」ためのワーク

神だとかその辺の超越者(創造主とでもするか)が、「世界を五分前に作った」ということを想像する。

「よくぞまあ、こんなに細かく世界を作ったな」と唱えてみる。化石とかも、「過去というものがあるという錯覚をさせる」ために作られたと考えてみる。

さて、記憶というものが事細かにあるだろう。それもまた、創造主が「人類に過去というもののリアリティを与えるため」に作られた「設定」である。あくまで設定。「こんなややこしい設定にしやがって」と思うかもしれない。まあ、創造主はイタズラ好きなのだ。その方が、見ていて面白いのだから。

その上で。ここから先の人生、どう生きたいだろうか?いつもと違う思考回路になるだろう。その上で、思い付いたものを書いてみてほしい。創造主はエンターテイメントが大好きだから、無茶なものでも、そのうちできるかもしれない。その上で、考えてみてほしい。


「平凡な人生を歩んでいた人が、ある日、一大決心をして、あれこれ苦労して、何かを成し遂げる。」
この手のストーリーは、映画とか漫画でよく見るだろう。

冒頭に出てくる何かしらのイニシエーションは、この記事を読んでしまったこと、とでもしよう。



まあ、そんな感じで、あれこれやってみてほしい。



ちなみに、元ネタは「世界五分前仮説」。仏教の縁起説を知ってるなら、様々な時の流れをイメージしながらやってみると、更に面白いであろう。

メール painlessmental@gmail.com

ゴール達成において、「どのような方法を使ってはいけないのか」考えておきましょう

Invent on the Way! -ルー・タイス-

なのだが、大抵のゴールは、ズルいこと、あるいは、ルール違反、倫理的にまずいこと、法律違反をすることを自分に許可さえすれば、「今思い付く方法を実行すれば達成確率が少しはあるゴール」に成り下がってしまう。それが、現状の外側のゴールに見えるものであったとしても。「さっさとやれ」の世界になる。

たとえば、「世界の戦争を無くす」というゴール。
苫米地英人をはじめとするヤバい技の使い手が、悪魔に依頼するなり、戦争をやろうとしている人を遠隔の恐怖技で脅して戦争をやめさせるなり、「戦争をしようと企んでいる奴を暗殺する秘密結社を、様々な年代の人を集めて作っておく(次世代の育成もしっかりやる)」なりすれば、たぶん半年くらいで達成できてしまうだろう。ああ、物騒な文章だ。

ただ、ここに出てくる方法論を実行すると、倫理的にまずかったり、法律的にまずかったり、ポリシーに反するから、実行されないのであろう。というか、本末転倒かもしれない。


別の例。ヤバい技の使い手でもなく、所持金1000円の人が、「ヴィトンのバッグを手に入れて、街を優雅に歩く自分」というのをゴールにしたとしよう。

これも同様に、「良い感じに万引きすればいいよ。どんなに下手でも、100回に1回くらいは、万引きに成功するだろう。」みたいな話になる。

これもまあ、「そりゃあまずいでしょ」といった話になる。倫理的にも、法律的にも。


まあ、なんというか、当たり前の話をしているのだが、そりゃもう当たり前なのだが、潜在意識なり右脳言語野に全てを委ねていると、おそろしい達成方法を思い付いてしまったりする。

その際に、「どのようなことをしてはまずいのか」の価値基準が特に無いと、その方法しか出てこなくなってしまう。なんといっても、その方法が一番手っ取り早いのだから。

要は、そのまずい選択肢を、さっさと捨て去る必要があるのだ。そして、その選択肢を捨てるということを、潜在意識に納得していただく必要がある。他の手を考えていただく必要があるからだ。納得していただかない限り、他の手を「出そうとすら」しない。



では、思いとどまっていただくにはどうするか。「他のゴールについて考える」ということで、これは可能になる。

「あのね、刑務所にヴィトンのバッグは持っていけませんよ。」だけでも別に良いのだが、「うるせぇ、そもそも持ってないんだから、数秒でも持って街を歩かせろ!失敗しようが俺は構わん!」となりかねない。

というわけで、他のゴールが重要となる。というか、そのために、バランスホイールがある。「ゴールはバランスよく、たくさんの方向性に持ちましょう。」という、アレだ。

「家庭を顧みずに残業しまくってたら、金持ちにはなったけど家族からそっぽ向かれた。そして、身体も壊した。」みたいな話も、この話なのだ。家族と健康が大事なら、そんなに長く働いてはならない。ただそれだけのことである。


ということで、ゴール達成における禁じ手は、「他のゴールの達成を妨害しそうな行動」である。

禁じ手をこのように決めてもまずい行動をしそうであれば、バランスホイールを見直してみてほしい。意外とまだ、意識に上がっていないゴールはあるはずだ。


さて、ただ禁じ手を作ってもつまらないし、「否定形を脳は認識しない」という原則もあるわけだし、こうしてみてはどうだろうか。

「他のゴールの達成にも近付けて、新しいゴールを見付けやすくなるようなゴールの達成方法はなんだろうか?」

このように潜在意識に問題を提示しておくと、おそらく、ノリノリで、良い方法を考えておいてくれるだろう。ゴールが潜在意識にとって、面白いものであれば。

ということで、お試しあれ。


✳くどいようだけど、合法の範囲ですべてやってください!何があっても、私は責任を取らないから......。まあ、合法の範囲でやって上手くいかなかった場合の苦情くらいは受け付けるけど。

Painlessmental@gmail.com

それでは、今日はここまで!

どこを変えたくて、どこを変えたくないのか。そして、「どっちでもいいのはどこか」

結論。「どっちでもいいこと」をまず変えてみると、人生は変わる。何故か。「面白くないこと」かつ「役に立つわけでもないこと」を削減できるから。削減できれば、何かを前よりスムースに始められるようになる。自分という、組みあがった積み木の一部を外した後、何か入れたくなる、入れないと気持ち悪くなる感じ。まあ、何をどう入れるか、どういう完成形に組み直すのか、という話になった時、「どうなりたいのか」の話に行き着くのだけれど。

の前に、、、そもそも、「人生を変えたいのか?変えたいなら、どの程度?」という問題もある。別に変えなくてもいいのだけれど、、、変えた方が面白いのであれば、変えた方が得だろう。

現時点で最高に面白い人生を送っていると確信している人は、この記事にたどり着かないだろう。そういうことで。


ちなみに、カンパ募集中。この記事の、書いた奴なりの実践として。

三菱東京UFJ銀行 府中支店
普通 0251593   
 カワサキ ユウタ

あるいは、欲しいものリストから何か送っていただけるとありがたい。
http://amzn.asia/btNsFkh

メール painlessmental@gmail.com

カンパをくれた方からの記事のテーマのリクエストがあれば、積極的に応じようと思う。わからんものについては「わからん」で終わらすから、複数送っていただけると幸いである。まあ、なるべく考えるけれど。

やっぱり、「言語でできることは言語で」という方針でブログを書く方が、コーチングセッションの質が上がる気がするのだ。ブログ記事なら、未来のAIも読めるだろうからね。

あと、「カンパ代わりに私のコーチングを受けてほしい」という人も、募集。飲食代は私からは出さない。

それでは。
ギャラリー
  • 変人・変態になる個人レクチャー5時間ぶっ続け
  • ライフコーチングの告知であり、最新の無料動画であり、プロフィール代わり
  • 川崎悠太オリジナルTシャツ販売
  • 川崎悠太オリジナルTシャツ販売
記事検索
  • ライブドアブログ