小説と、人生の遊び方。 川崎・J・悠太 (旧登録名: 川崎・G・悠太)

問い合わせ先 painlessmental@gmail.com twitter https://twitter.com/meditationartYK 料金等の振込先口座(記事等が気に入ったからという理由での寄付も、ありがたいです) 三菱東京UFJ銀行 府中支店 普通 0251593     カワサキ ユウタ 銀行振込の振込明細書を領収書としてご利用ください。

2019年09月

ビ・ハイア清水有高が一月万冊の配信で語った非常にまずいこと

 清水有高は「仕事にコーチングを持ち込むな」と言っていた。意味合いとしては、「やりたくない業務も黙ってやれ」ということであろう。これがよろしくない。

 苫米地式コーポレートコーチングを導入していたということは、現状の外のゴールを会社単位で立てていたはずである。そうしたら、仕事にコーチングを持ち込むしかない。
 現状の外に立てたゴールを苦行で達成するのは、苫米地式コーチングのコンセプトとは異なるはずである。というか、人に言われてやる苦行や、無理矢理やる業務で達成できるのは現状の外のゴールではない。
 というか、嫌な業務が存在する時点で、ゴールの共有ができていないということであろう。


 ちなみに、青山龍(苫米地式認定マスターコーチ)の失策についても。青山龍と清水有高(ビハイア)がコーチング契約を結んでいた時、青山龍は「会社のゴールを共有できない従業員は辞めさせましょう」と言ったとのことで、実際数人辞めた。のだが、残ったメンバーにも、ゴールを共有できていないメンバーがいた。だから、あの事件が起こった。

 青山龍にまともな(少なくとも私レベルの)観察力があれば、「この人はゴールを共有できていない」ということを社長である清水有高にこっそり教えることができたはずだ。それさえできれば、あとは話し合うなりできたはずである。まあ、苫米地英人はそのノウハウを持っていないし、ネガティブラポールのマネジメントもできていないから、青山龍ではなく苫米地英人と苫米地式コーチングが悪いのかもしれないが。

 とりあえず、清水有高は苫米地式コーチングにさえ出会わなければ、もうちょいマシな人生(部下に命を持った状態で逃げられる、とかで済む)を送れたはずだ。これからの人生はどうなるかわからないが、良い人生になることを願う。

 
 

個人セッション 『苫米地式コーチングを辞めた後の生きる指針づくり』

 当ブログを読んだり、苫米地式コーチング界隈(ビハイアと青山龍)で不祥事が起きているのを見て、苫米地式コーチングの実践を辞めようと思っている人も多かろう。あるいは、苫米地式認定コーチを辞めようとしている人もいるだろう。

 しかしながら、いざ辞めようと思うと難しいかもしれない。苫米地式コーチングのおかげで思考停止できていたからだ。ある種、ゴールを立ててアファメーション等をしていれば安心できてしまう。

 「現状の外側のゴールを立てる」というお題目は、「自分は停滞とは無縁だ」と思わせ、安心させるのに非常に有効である。見たらわかるが、実際のところ、苫米地英人は退化している。言ってしまえば、ただの神経質なオッサンになってしまった。もう、『洗脳原論』や『洗脳護身術』のような名作を作ることはできないだろう。安心できてしまうことの副作用がここにある。安心できてしまうから、停滞してしまう。
 
 

 ではどうするか。時間と余裕がある時に大雑把な方針だけ決めておいて、困った時はそれに従う。それだけだ。
 ただ、その方針を決める際、考えるのは結構大変である。自力ではできない、あるいは、人の力を借りたいという人のためにセッションを準備した。

本セッションでは、私が持っている「人に思考させる能力」を使う。それぞれの人が持っている、「無条件に信じている正しさ」を一旦取り外した状態で思考していただく。思考することの楽しさを味わっていただける。

 ちなみに、私が持っている指針は「面白いと思うことを優先する」と「面白さの深さを追求する」である。「一瞬一瞬、何かを感じているということだけは信用できる(他は、突き詰めると信用できない)」という判断から来ている。あなたの指針は何になるだろうか。

 セッションは5時間〜6時間かけて行う。じっくりと、様々な方向から、様々なことを考えてほしい。


・料金
9月30日昼1時までに振り込みを完了と、振り込み完了の連絡をする場合は
5万円。

それ以降は10万円。


・場所
東京都府中市または国分寺市の某所(鉄道で来る場合、どの路線が使いやすいかで決定する)

または、通話。スカイプかFacebookメッセンジャーにて。ディスコードも使えるかもしれない。

・時間
5時間〜6時間

・申し込み先

painlessmental@gmail.com にメールまたは、

FacebookメッセンジャーまたはTwitterのDMまで

何故、私が苫米地英人の文句ばっかり言ってるのか。

 私の記事は苫米地英人の文句ばっかり言ってるように見えるだろう。ただ、これには意図がある。

 「目上の人間に文句を言ってはいけない」という固定観念を壊したいのだ。儒教を否定する苫米地英人を「目上の人だから」と否定しないのもおかしかろう。

 何度も言っている気がするが、使えない道具も捨てるか倉庫に仕舞った方が良い。苫米地式コーチングや苫米地式認定コーチは道具とのことだ。

 道具に振り回されて幸せを逃すのだけはやめてほしい。要らなくなった道具を捨てるか、お蔵入りさせる度胸を身に着けてほしい。それが私の願いだ。

 
 とりあえず、苫米地英人か青山龍が公の場(主にブログを想定)で清水有高に謝罪するまでは苫米地英人の文句を言い続けることにする。あるいは、私に口止め料を払うか。口止め料の半分は清水有高に送る。

 清水有高という不幸なクライアントを生み出しておいて、謝罪するどころか切り捨て、なおかつ、ホンモノを名乗り続ける苫米地英人や青山龍をこのまま許そうとは思えない。
 

私が苫米地英人の研究者だった頃に撮った販売動画たちの宣伝

  苫米地英人の研究者だった頃の私はもういないのだが、幸運なことに動画の中にいる。過去の私から話を聞きたい人は動画を買うと良いだろう。今の私にはできない話をしている。現在の私を嘆く人ほど購入すべきだ。


1.『苫米地理論を理解するための気功・瞑想超入門』

苫米地英人が「そもそも何を言っているのかわからない」ような人に特にオススメ。苫米地英人は深いの変性意識のまま日々の生活をしているため、深い変性意識に入れない人にはそもそも理解できないものである。特に、密教部分については。

効果は見る人によって大小あるが、見ているだけで深い変性意識に入れるような仕掛けをしている。

苫米地英人の本に載ってるワークがそもそもできないからといって苫米地英人のDVD,BDを買い増すよりかは、私のこの動画を買った方が良い。

価格は25000円。


2.『超越的なコーチ・カウンセラーになる方法』

非言語での介入技術を教えている。私にしか思い付けないであろう方法を多数紹介している。また、カウンセラーやヒーラーとして活動するにあたって、施術者側の精神を保護する方法も説明している。クライアントから毒を受け取った場合に、それを上手く活用できるようになる。

資格を取って、「苫米地式認定コーチ一覧」などに載ったはいいものの、見事にその中で埋もれてしまっている人にオススメ。あとは、苫米地式コーチング界隈で教わったことだけでは不安な人も。

価格は5万円。


3.『嫌われるのを楽しむ技術』

尖ってた頃の川崎悠太の代表作。当時の私を惜しむ人は買うように。

価格は5万円。


4.『川崎式ライフコーチング入門』

タイトル通り。今撮ったら、苫米地式コーチングを9割ほど否定すると思う。撮った当時は主に説明スタイルについて否定していて、「どうやったら使いやすいか」を主眼にコーチングについて説明している。

価格は1万円。


5.前は無料見ることができたが限定公開にした動画たち

各5000円。今の私のスタンスとは違うということで限定公開にしているが、金を払ってでもまた見たい動画があるという人には販売する。


申し込みメールアドレス
painlessmental@gmail.com

振込先はブログのカテゴリー一覧に、振込先という記事があるからそれを見てほしい。

苫米地式コーチングをぶっ壊す方法

手順1
 「川崎・G・悠太という人が「苫米地英人と青山龍のコーチングを受けてもファイナンスのゴールを達成できなかった!」と怒ってるんですが、そもそも川崎はコーチングを受けたのですか?」
と、苫米地英人および青山龍に訊いてみる。どちらか片方相手でも構わない。

手順2a
 「そもそも川崎はコーチングを受けていない」と返ってきたら、「じゃあ、ビハイアの清水有高はコーチングを受けたのでしょうか?」と返す。
 ここで黙秘するようであれば、
「清水有高が苫米地英人もしくは青山龍のコーチングを受けている」ということが確定する(責任逃れの記事では隠していたのだが)。
http://tomabechi.jp/archives/51574282.html

何故、清水が受けていると確定するのか。「清水有高がコーチングを受けていない」と公表した方が圧倒的に良いにも関わらず、「川崎の時だけ」受けていないと公表したからだ。「本当にコーチングを受けているのであれば、何も言えない」という契約書を作ったのは苫米地英人だ。



手順2b
 「それは彼の自己責任」と返ってきたら、私が苫米地英人か青山龍いずれか(もしくは両方)のコーチングを受けていたことが「苫米地か青山龍の発言によって」確定する。
 実を言えば、「」

手順2c
 その他の場合は、私にご連絡いただきたい。コメント欄かメールかTwitterで。
painlessmental@gmail.com

手順3
 この行程をブログに書く

以上。

 まあ、こんなことしなくても、「苫米地英人が苫米地ワークスで教えているネガティブラポールのマネジメントとやらがインチキであること」についてはもうハッキリしているこだが。

 私ほど苫米地英人や青山龍に対してネガティブラポールを向けている人物がいるのだから。「科学的に正しいことにも例外がある。その例外が川崎(と清水有高)」と言われればそれまでのような気もするが、「その例外が俺の組織で起こったら困るのだが」と思うワークス卒業生もいるだろう。



そういえば、苫米地英人は責任逃れの記事で http://tomabechi.jp/archives/51574282.html
 コーチング契約においては、その内容はもちろん、特定のクライアントにコーチングしたか否かも守秘義務の範囲内であり、これは双方向であり、クライアント側からコーチ名を明かすのも、コーチング契約に即した事前の書面による双方の合意がない限り違反である。


と書いているが、そんなものがどうやってクチコミで広まるのだろうか。「ホンモノのコーチングはクチコミで広まるもの。売り込みしてはダメ。」ということを言っていたのだが、コーチングは一体どうやって広まったのだろうか……。
 まあ、「食べたことのない料理をレビューする人」はこの世に溢れているから何とも言えないし、それか、上手かつセコいマーケティングの成果であるとも言えるかもしれない。

 それか、「清水有高に対してだけ、事前にダメってことにした」のかもしれない。ツーショットと共に「博士から直接コーチングを受けました」とブログに書いている人は多い。
 何をどう察知して清水有高だけ許可しなかったのか、ぜひ訊いてみたいものだ。




 最後に。「その頭脳(ずる賢さ)、他のところで使えよ」と思った人もいるだろう。そのような人は、企画と予算を書いてメールを送ってほしい。条件が合えば実施する。

painlessmental@gmail.com



ギャラリー
  • 変人・変態になる個人レクチャー5時間ぶっ続け
  • ライフコーチングの告知であり、最新の無料動画であり、プロフィール代わり
  • 川崎悠太オリジナルTシャツ販売
  • 川崎悠太オリジナルTシャツ販売
記事検索
  • ライブドアブログ