小説と、人生の遊び方。 川崎・J・悠太 (旧登録名: 川崎・G・悠太)

問い合わせ先 painlessmental@gmail.com twitter https://twitter.com/meditationartYK 料金等の振込先口座(記事等が気に入ったからという理由での寄付も、ありがたいです) 三菱東京UFJ銀行 府中支店 普通 0251593     カワサキ ユウタ 銀行振込の振込明細書を領収書としてご利用ください。

2018年09月

なんで私は、指導者とよく喧嘩することになるのか

はい、よく喧嘩します。なんででしょう。

サックリ言ってしまえば、「なんで俺が当たり前にできることをできねー癖に、そんな偉そうなわけー?”教えるということ自体”がヘッタクソな癖に、俺に威張り散らすのー?馬鹿なのー?まずは観察力磨けやゴルルァア」とか思うからです。まあ、その指導者からしたら、言い掛かりにも程がある行為でしょう。そういうわけで、金を払う相手については非常に慎重に選ぶようになりました。

ちなみに、無料企画で「自らの時間と体力を使ってひとりひとりに」あれこれやってくれている人については文句が無いどころか、「無料であれこれやってくれるような利他心のある人はやっぱ違うわー。どっかのあいつとは違うわー。最高。どっかの有料のアレよりよっぽど良いわい。ってか、無料で何かやっちゃう人だからこそ、丁寧なんだよなぁ。」とか思ったりもするわけです。

と言って無料企画を何もやっていないとなんかアレなので、「埼玉西武ライオンズの地元リーグ優勝胴上げ見たかったなぁ企画」ということで、無料メール相談をしばらくやろうと思います。この記事を何の因果か読んだ人限定で。 painlessmental@gmail.com 


えーっと、この記事で何が言いたかったかというと、「指導者はちゃんと選ぼう!」ということです。私も有料であれこれやっているわけですが、よく考えてから金を払ってほしいわけです。相性が良いかどうかは、メール相談で確かめてください。

そんでもって、
「っていうか、大きい額の寄付欲しいなぁ。だってさー、ホントに困ってる人って、金無い人なんだもん。」とも思うので、誰か寄付をください。頂いて、仕事しなくて良い状態になったら、金無くて困ってる人向けの企画を無料でたくさんやることになります。

それでは。

人の心の中に入り込む際の考え方を、対話で教える企画 (非言語の書き換えについても)

人の心には、隙があります。序盤、中盤、終盤、隙が無い人はレアです。人は、どこかしらに隙を抱えているのです。あなたの心のどこかにも、隙はあるでしょう。あなたが誰かを信じ込んだ時のことを思い出してみていただければ、その隙に気付けることでしょう。わからなかったら、お申込みしていただく時に、その信じてしまった人の名前をこっそり教えてください。どんな隙があるのか、お教えします。

さて、目の前の人の心に入り込みたい際、どうすればいいでしょうか。会話をしている中で、隙に入り込んであげればいいのです。そして、自立させたいのであれば、その隙を埋めて、させたくないのなら、その隙を拡大させる、ということをすると、思った通りの結果になります。

しかしながら、拡大させるのは、あなたにとってリスクになります。最後まで、お世話を見てあげなければいけなくなるので……。ぜひとも、心の隙を埋める側に立ってください。

「非言語の書き換え」とやらの技術を学んでも上手く行かなかった人にとってはピッタリな企画だと思います。そもそも、人の心の中に入り込めない人は、練習を積むことすら許されないでしょうから。

どこぞのヤンデレ女に刺されそうになったり、愛に飢えた人に依存されたりを何回も繰り返した中でやっと学んだことを丁寧にお教えします。

さて、お値段ですが、3時間5万円です。メールサポートも半年付けます。高く見えますか?安く見えますか?

「あなたがこれから行うコミュニケーションにどのくらいの価値を見出すか」ということにおいて、この値段が妥当かどうか決まるでしょう。むしろ、安くなる人もいるでしょう。

それに、私の実体験がこれまでで一番活かされている企画でもあるでしょう。なんせ、死にかけてますから。


実施場所は都内某所か、音声通話で行います。音声通話の場合、後にもう1度2時間くらい行うことも可能です。お好きな方をお選びください。


「自分が『どのような点において』できていないか」がわかるのが、対話形式です。セミナーやDVDで何万円も使うのであれば、こちらをオススメします。


申し込みメールアドレス painlessmental@gmail.com

新約苫米地式コーチング・コーチ養成講座(講座と言いつつ1対1で教える)

苫米地式認定コーチの新たな制約に対しての苫米地式認定コーチ ...



苫米地英人亡き今、これからコーチングという分野に参入する人は困るだろうから、ひとまず私が教えることにした。祢津さんや佐藤さんに教えてもらうのも良いと思うが、「なんとなく肌に合いそう」な方を選んでいただければと思う。
あと、「勝手に殺すな」と思った方は、『洗脳原論』や『洗脳護身術』を読み返していただきたい。苫米地はもう、死んでいるということがわかるだろう。


理論については各自で勝手に考えてもらった上で、私とディスカッションしながら本質部分を掴んでもらうと共に、実技をしっかりやる。というか、本質は自分で掴むものだ。教わるものではない。そのために、対話がある。一方的に講義を受けてもどうしようもない。というか、話を聞いているだけで本質が掴めてしまうのなら、大学院なんてもんは要らんだろう(あるいは、大学も)。研究室でボソボソと対話し、わけのわからん論文を書きつつまたボソボソと対話することに意義があるのだ。

「なぜ、苫米地アカデミーの口コミが悪評ばかりなのか」(だから受けなかったんだぞ。見てるか、苫米地の守護霊よ。口コミが大事って言ったのはお前だぞ。)ということでずっと考えていたが、対話があまり無いからだ。

対話の効用として、「教わる側が自分の口から言葉を出す」ということで「聞いた話を自分の言葉にできる」ことが挙げられる。これは大きい。というか、このプロセスを通さないと、ただの劣化コピーになってしまう。
あれだけ投資をしたにも関わらず、苫米地式認定コーチの8割は稼げていない理由がここにある。残り2割は、「元々面白みのある人間が、資格を得たことにより知名度と権威を得たことによって稼げるようになった」だけの話である。


そして、対話だけするわけではない。多数の技術を伝える。色々とあるが、「過去の記憶を作る技術」である。「結果部分をビジュアライゼーションしても上手く行かない。プロセス部分をビジュアライゼーションするように。」と、メンタリストDaiGoの放送で聞いた際に思い付いた。
サヴァン症候群者でもない限り、過去の出来事を明細かつ正確に覚えているわけではない。記憶を挿入する隙間がある。そこに何をどう入れるか、という話である。そっちの方が、未来の記憶を作るよりも確実である。そもそも、未来は無数に分岐しているのだから。

そして、他者を書き換える類の技術は、私を実験台にして練習していただく。そうすることで、細かい部分がわかる。「どこがどのようにできていないか」が重要である。


そういうわけで、私から教わりたい方は連絡してほしい。

累計50時間で50万円。できれば、一度に10時間くらいまとめて行いたい。まとめた方が、「前回の復習」が少なくて済む。「習得しきる」ことさえできれば、復習は要らない。その「習得しきる」のために、10時間あると良いのだ。

分割支払は一応可能。また、お試し版を受けたい場合、1時間あたり1万円で行う。

領収書が必要な場合は、振込明細書を使っていただく。

あと、資格の類は出さない。資格なんてものがあるから、苫米地式コーチングは腐敗したのだ。

それと、いきなり募集を締切る可能性もあるから、迷ったらお早めに。迷っているなら、とりあえずメールだけでもいただければと思う。

申し込み用メールアドレス painlessmental@gmail.com



また、私からの指導は必要無いが、何かしら協力したい人からの連絡もお待ちしている。

メルマガ

川崎悠太が発行するメルマガを読みたいという方は、 painlessmental@gmail.com  に「メルマガ希望」というタイトルでメールを送ってください。

新たな技術を作った際の、モニター募集の告知もそちらで行うかもしれません。


自分で自分のことを「本物」とか言っちゃう寒い奴らがやってるコーチングで酷い目に遭った人のための、今を楽しく生きるためのライフコーチング

タイトル長いんじゃボケ。と、僕は僕に対してツッコミを入れた。やれやれ。僕はヴィンテージ・シリアン・ラタキアに火をつけた。

ま、んなこたぁどーだっていーんだ。ちなみに、タイトルで書いた寒い奴らってのは、苫米地英人とその一座のこと。ああ、苫米地も老害になってしまった。無念。

せっかくだから、「セルフトークの罠」についてお話しよう。セルフトークのマネジメントとやらをする際、あなたの思考の裏の裏では、「私はセルフトークのマネジメントをしないとゴールを達成できないようなしょぼい奴です」というセルフトークが回っていることがある。実情どうだろうか?よくよく、自分との対話をしてみてほしい。あなたは該当者だろうか?

そのことを理解してないで、苫米地式コーチング理論に出てくるような諸々をやるとどうなるだろうか?「何故、私はアファメーションなんてしてるの?」とか、裏ではあれこれ考えてるかもしれないのだ。そうなってしまうと、いつまで経ってもゴールに近付けない(ただ、ホントはゴールっつーのは給水所みたいなもので、達成してはいけないのだが。達成できそうになった時点で、現状の内側に入ってしまったということだから。)。

で、そーやって人は、ゴチャゴチャやってねーとなんもデキネー奴になっていく。いや、なんもできなくなる、の間違いか。

本当にやるべきことは、潜在意識レベルで何が起こっているかを常に探り、かつ、対話していい感じの方向性に向けること、くらいである。あとは、好きなことをやってればいい。



で、潜在意識との対話をどうやるか。ブログに書くのはダルいから、コーチングという形で提供する。

料金は、3時間50万円。苫米地英人や、苫米地式認定コーチ(当然、グランドマスターコーチやマスターコーチも含む)に累計100万円以上金を払った人は、3時間1万円。なんとなんとの50分の1。
✳追記。セミナーやDVD、ブルーレイ、書籍、ギターライブも100万円の枠の中に含む。つまり、DVDだけで100万円使った人も、1万円で受講できる。


あと、苫米地式認定コーチの諸君、苫米地英人が死んだ後どうするか、よくよく考えておくように。まあ、既に死んだも同然だが。信仰対象が無くなってしまって困っているなら、このコーチングで相談に乗る。「信仰対象無しで楽しく生きる方法」を授ける。

それと、未だに苫米地英人のことを信じてる人は、これを読むように
2013年と、2018年の、苫米地英人氏及び事務局による、苫米地式コーチの認定における、繰り返された契約違反とその経緯

この記事を読んでも苫米地英人を信じる人は、ご勝手にどうぞ。苫米地英人が一番危険だと、私は一応忠告しておいた。後で騒いでも、私は助けないかもしれない。

申し込みメールアドレス painlessmental@gmail.com





ギャラリー
  • 変人・変態になる個人レクチャー5時間ぶっ続け
  • ライフコーチングの告知であり、最新の無料動画であり、プロフィール代わり
  • 川崎悠太オリジナルTシャツ販売
  • 川崎悠太オリジナルTシャツ販売
記事検索
  • ライブドアブログ