小説と、人生の遊び方。 川崎・J・悠太 (旧登録名: 川崎・G・悠太)

問い合わせ先 painlessmental@gmail.com twitter https://twitter.com/meditationartYK 料金等の振込先口座(記事等が気に入ったからという理由での寄付も、ありがたいです) 三菱東京UFJ銀行 府中支店 普通 0251593     カワサキ ユウタ 銀行振込の振込明細書を領収書としてご利用ください。

2017年11月

ライフコーチングの告知であり、最新の無料動画であり、プロフィール代わり

https://youtu.be/ysc5dSyw96M


申し込み用メールアドレス painlessmental@gmail.com 3時間10万円 と言いつつたぶん5時間以上やる(必要なら3時間で収める)。半年コースとかは別途相談。 未成年者割引あり。要相談。 コーチの方、大歓迎。

仕事における、とりあえずの報告

今までは「降ってきたもの、思い付いたことをクライアントにわかるようにする手間」の対価として金を受け取ってきたが、これからは、
「降ってきたものもの、思い付いたこと」の対価として、そして、「対話の能力及び、その時間」として対価を受け取ることにする。

自分の価値を、あまりわかってなかったようだ。

ただ、対価を現金に限らないということは、これからも続けようと思う。何にするかは、要相談。

よくある質問、及び、気になってるだろうけど訊きづらそうな質問

Q1.有料動画はどういう手順で購入すればよいのでしょうか?
A2 三菱東京UFJ銀行 府中支店
普通 0251593   
 カワサキ ユウタ

こちらの口座に料金を送金していただいた後、送金した旨を伝えるメールを送ってください。その後、入金の確認ができ次第、動画のURLを送ります。
また、土日や、平日の午後3時以降に送金して、早く動画を見たい人は、振込明細の写真を送ってください。ただまあ、私の予定次第ですが。

ちなみに、、、販売を辞めたけどページが残っている動画もあったりします。その場合は連絡しつつ、他の動画を2000円分くらい安く売ります(他の動画を買う際、5万円以上の動画を選ぶと、2万円引き)。


Q2. コースが多すぎてどれに申し込んでいいかわかりません
A2. 私に読んでほしい文章を書いた上で、私にメールを送ってください。私の気分と直感で、なんとなく決めます。


Q3. プライベートで会ってみたいのですが
A3. どうなっても構わないという覚悟がある方、そして、私が興味を持った方であれば、会うでしょう。ただ、私はその場で一銭も出さないかもしれませんし、府中小金井国分寺からは基本出ません。そして、何より、仕事中より雑です。気分以外の要素では動きません。新宿とか渋谷で会いたい場合、タイミングよく連絡を頂ければ可能です。

Q4. ライブとかやらないの?
A4. セッティングとかをやってくれて、なおかつ、私が少しでも黒字であれば。人に聴かせるために音楽やるの面倒だし……。

Q5. また無料動画アップして
A5. 高性能かつ軽い(物理、スペック共に)パソコン、カメラ、マイク、オーディオインターフェースを誰かが寄付してくれるならやるかもしれない

Q6. 絵を売ってほしい
A6. 喜んで。実物を見たい場合、Q3を参考にそういう予定を入れてほしい。あまり大きなサイズの絵は描かないから、持っていけるはず。


Q7. 草野球のメンバーが足りないから来てほしい
A7, 予定次第では。できれば、交通費が欲しい……。

Q8. 時々、「社長の娘と結婚して人の金で豪遊したい」とか言ってるけど、本当にそうなったらどうするのか
A8, その時の状況次第だけれど、たぶん受け入れるんじゃないかな。「わざわざ金稼いでまで欲しいわけでもないけど、人の金でなら欲しいもの(サービス)」はいくらでもあるからね。


ま、今回はそんなところで。質問はお気軽に(気分次第では返さないが)
painlessmental@gmail.com







経済学部、法学部、工学部不適合者のための哲学入門(その他、実学系学部不適合者、大学行ってない人も)

ぶっちゃけ、「どこでもいいから大学の哲学の講義にでも潜ってこい」とでも言いたいが、そんな度胸が無い人のために本講座をやることにした。講座と言っても、1対1とか1対2でやることになるだろうけど。

本講座は、「哲学の楽しみ方(面白がり方)」のレクチャーとして行う。楽しみ方がわかったら、後は自分で勉強するなり、哲学で修士号、博士号を取った暇な人に教わってほしい(Twitterとかで探せば結構いるはずだw)。なんといっても、私は学士号しか持っていないのだ。ただ、楽しみ方を教えることなら、他にやっている仕事(このブログの他の記事参照)で培った技術なり人間性でできる(まあ、人間性ってのはギャグなんだけど)。

哲学が役に立つかと言われれば、ぶっちゃけ微妙。ただ、「学問って本来は面白いものなんだな」とは思ってもらえると思う。役に立たない学問というのは、最高級の娯楽である。

場所は、府中小金井国分寺のどこか、または、音声通話。その他でもいいが、その場合の交通費等相談の上で。

料金は、2時間で私に4000円以上入るようにしてほしい(人を集めて人数で頭割りとか、色々工夫できる。けど、5人を超えたらもうちょっと金が欲しい)。ただ、年収600万円以上の人は2時間で最低2万円は出してほしい。

また、教科書代として最大で2000円かかるから、それも準備しておいてほしい。

受講資格は、「面白くなかった」、「わからなかった」以外の苦情を絶対に言わないと決めた人。タイトルにあれこれ書いたが、あとはなんだって良い。ただ、哲学科出身者についてはまだ迷っている。まあ、大学での学びが面白くなかったのであれば、受け入れようかとも思う。

申し込みメールアドレス painlessmental@gmail.com

まあ、そんなわけで。


ちなみに、この講座のアイディア自体は、ご自由にパクって欲しい。ただ、連絡をいただけるとありがたい。もしかしたら、私も受講したいと思うかもしれないから。
また、哲学で同じような講座を、講師としてやってみたいという人についても、ぜひやってほしい。「学問の面白さが今のところわからないけど、わかりたい」人がいるのが不憫で、この講座をやることにしたまでだから、他の人が同じことをやるのは大歓迎である。

挑戦する際のリスクマネジメント、及び、失敗の面白がり方

コーチングとか知らない人向けの用語解説(雑)
・コンフォートゾーン:慣れ親しんだ空間、場所、概念、などなど。「いつも同じ食べ物を買う」なども
・アファメーション、ビジュアライゼーション:コンフォートゾーンを広げるためにやる、自分に対する宣言やイメトレ。

うーん、ほんとに雑だなぁ。

では、本文。

いきなりコンフォートゾーンの外に出ると、危ない。やらかす確率が高くなる。トラウマ記憶が生成される可能性もあるだろう。一生、その関連のことができなくなるかもしれない。
私の話で言えば…歯医者に行かない、行けない、行きたくない、行く度胸も無い。昔の自分はできていたのに、だ(怖いという感覚麻痺していたから行くことができていた)。

今思えば、怖いと思わずに通える歯医者を最初から選んでいたら、歯医者に行くことに抵抗感など無かったであろう(まあ、行く必要性も、今のところは無いのだが。行かないせいで失うものがあるとしても、そのおかげで手に入れられるものがあるからだ。)。

という話を踏まえた上で、「一歩踏み出す勇気が大事」とおっしゃるコーチもいる。その人は、無理にでも一歩を踏み出せたからこそ今があると思っているのだろう。無茶をして、上手く行ってしまったのだ。ギャンブルの勝者の発言くらいに思っておいた方が良い(そうでもなければ、私のところになんで苫米地式から流れてきたコーチング関連の依頼が来るのか説明できないだろうし)。


ただ……。「コンフォートゾーンの外のことをコンフォートゾーンの中に入れるまでアファメーションやビジュアライゼーションしながら待つ」となると、時間がかかる。待ってられない人だらけだろう(私も、ある種そう)。となると、どうするか。

やらかしても『楽しかった』と思えるメンタリティを手に入れることである。やらかした経験をネタにするところから。やらかした経験をネタにすべく、コンフォートゾーンの外に出向くのだ。やらかさなかったらラッキーくらいのつもりで。

と見て、それでも怖い人は、今までにやらかした経験をネタにしてみてほしい。それも、文章という、何度も校正し直せる媒体で。最初は、やらかした経験の中でも、ソフトなものを選んだ方が良いかもしれない。

このトレーニングをなんとなくやっていると、やらかすということを「おいしい」と思うようになる。のと、笑いを取るのが上手くなる。ただ、トレーニング自体を楽しめないなら、やめといた方がいいかもしれない。もっと安全なトレーニングは、自分で考えてほしい(あるいは、誰かにこの記事を見せて一緒に考えてもらうか)

みたいな感じ。どう?



ってことで、記事終わり。カンパ募集。「やらかし体験記」を書くための経験の資金にする。お楽しみに。

三菱東京UFJ銀行 府中支店
普通 0251593   
 カワサキ ユウタ

Amazonギフトカードの番号も大歓迎。

メール painlessmental@gmail.com


では、よろしく!

ギャラリー
  • 変人・変態になる個人レクチャー5時間ぶっ続け
  • ライフコーチングの告知であり、最新の無料動画であり、プロフィール代わり
  • 川崎悠太オリジナルTシャツ販売
  • 川崎悠太オリジナルTシャツ販売
記事検索
  • ライブドアブログ